若いころなら膝を痛めてもすぐに治ったり翌日、寝て起きたら治っていたということも多かったと思いますが、加齢によって慢性的な膝の痛みはなかなか治ってくれません。

私も何かの拍子に膝を痛めてしまって、まともにランニングすることができなくて困った時期がありました。ただ歩くことはできたので日常支障はなく、病院などでの治療はしませんでした。

私のように歩ける程度の膝の痛みは安静にしておくよりもよく動かしたほうがいいともいわれているので、膝に負担がかからないような運動を続けることにしました。ひとつはウォーキングです。痛いからといって車の移動に頼らず歩くようにしました。二つめは自転車もあまり膝に負担がかかりませんでした。もうひとつは水中ウォーキングとスイミングです。特に痛みが比較的強かった頃は効果があったと思います。体重が足にかからないので負担も少なくそれでいて十分な運動になりました。

徐々にウォーキングを増やしてランニングまで回復できるようになりました。痛みが完全になくなるまでは2年ほどかかり時間がかかりましたが、痛みが出たら無理をしないということで今では膝の痛みはすっかりなくなっています。

公共施設を利用してお得に活用

仕事のせいか、本当にストレスなどがたまってしまい、それでじぶんは過食という手段で解消をしておりました。それでしっかりと体重にでてしまったのです。それでじぶんは早くダイエットを成功をさせるためにランニングをおこなうようになりました。ダイエットには短期間で成功をすることができましたが、普段運動をおこなうことはないので、膝などに負担がかかってしまったのです。じぶんは行った対策でありますが、スイミングです。週末に定期的にスイミングや水中ウォーキングを行なうことで膝に負担をかけることなく、筋肉量をアップさせることができ、肺活量も高めることができました。
市民プールなどの公共の施設を利用すれば格安でスイミングを行うことも可能ですので、ぜひ探してみてください。